自分で指輪を作る方法

指輪

指輪を作って愛を深める

結婚指輪を少しでも安く用意したいという方は、指輪の手作りがおすすめです。指輪のブランドにこだわらない方や、オリジナリティあふれる指輪にしたい方、2人で指輪を作って、達成感を味わいたい方にも、手作りの結婚指輪は人気があります。手作りの指輪の製作工程は、大きく分けて2種類あります。1つは、棒状の金属を加工して、丸く指輪の形にしていく方法です。硬い金属を加工して作るため、細かいデザインを施すような指輪でなく、シンプルなものを作りたいという方におすすめです。早ければ、3時間ほどで仕上げることができますので、当日に持ち帰りたいという方でも大丈夫です。もう1つは、ワックスと呼ばれるロウソクのようなものを削って、原形を作っていく方法です。ロウを削って作るので、自由にデザインを描くことができますし、仮に、作業途中で、デザインを失敗してしまったとしても、やり直しができますので、手先が不器用で自信がないという方にもおすすめです。ダイヤモンドを埋め込んだり、裏側にメッセージを刻むような細かい作業は、工房のスタッフにお願いすることもできます。このように、結婚指輪によって、手作りする工程に大きな違いがありますので、前もってどんな指輪にしたいかを2人で相談し合い、おおまかな方向性を決めてから工房を訪れるようにしましょう。手作りの結婚指輪は、2人で材料やデザインを決めたり、作り方を決めたりするその工程すべてが、心に残る思い出になります。指輪を制作している様子を録画して、結婚式で上映するのも素敵な演出として人気です。